自分スタイルの家づくりステーション「フォルツァ」

新築一戸建て

  1. FORZA 家づくり相談
  2. サポート実例
  3. 新築一戸建て
  4. 展望台の家

展望台の家

福岡市西区

家族構成
夫婦+猫
構造規模
木造2階建て
用途
専用住宅
敷地面積
316.01㎡(95.59坪)
建築面積
91.07㎡(27.55坪)
延床面積
103.14㎡(31.20坪)
設計監理
株式会社ろく設計室一級建築士事務所
Photograph
harigane yousuke
FORZAコメント
I様ご夫婦はそれぞれ仕事をお持ちで、愛猫と暮らすリラックスできるお住まいを希望されていらっしゃいました。

フォルツァへ来る前ハウスメーカーへ何度か相談をしたものの、やっぱりなんか違うと感じ、押しの強い営業にもウンザリしていたそうです。そんなときにご夫婦の心に浮かんだのは「好きな土地に、好きな家を建てたい!」という純粋な思いでした。

フォルツァでは土地探しからのサポートを申し込んでいただきました。「眺望がいい場所」を第一条件に、エリアはあまりこだわらず、広い範囲で探されました。数ヶ月後、西区の方に理想的な土地を発見。フォルツァ立会いのもと、土地売買契約を交わされました。

建築家選びについては、二組の設計事務所によるコンペをフォルツァからおすすめしました。眺望を活かしながら、生活もしやすい家のかたちとは…?
コンペの結果、選ばれたのは、「展望台のある家」を提案したろく設計室・平田大和さん。ゼロからの家づくりでは、施主と設計者の相性も重要ですが、I様邸においてはその心配はまったくありませんでした。設計期間は約5ヶ月。とても順調にすすみました。

こちらの住宅は「眺望」や「リラックスできる空間づくり」とともに、「素材感」も特徴です。経年変化で色や手触りが変わっていく木の床や壁。それを劣化ではなくて、味わいなんだと知っていただき、手入れをしながら愛着を持って住んでいただきたいという設計者の思いが込められています。

土地探しからの家づくり開始から、およそ1年8ヶ月。夫婦お二人の意見や希望をうまく取り入れ、満足度の高いすてきなマイホーム、I様ご夫婦の理想を叶えた「展望台の家」が完成しました。 閉じる
建築家コメント
若いご夫婦と愛してやまない1匹の猫の為の住宅である。
計画地は福岡市の西部にある古い住宅団地の一画。
北は遠くに博多湾、手前に福岡市、南には背振の山々が望める。
高台にあるこの計画地を選ばれたご夫婦は、いつもこの景色を眺めながら暮らしたいとオーダーされた。
眺めの良い2階部分に生活の中心であるダイニングを配置する為、リビングとプライベートゾーンを1階に設ける事とした。
リビングとダイニングを心理的にも物理的にも近づける仕掛けとしてスキップフロアを採用し、中間の階からのアプローチとしている。
景色を室内とつなげる為に水平連続窓を採用して、視界の外側迄景色が繋がる事を体験する事で景色を強く感じる様にしている。
また、この水平連続窓は1階部分ではハイサイドに位置しており、見る人自身の立ち位置により、それは腰窓になり地窓になる。
スキップフロアを登って行く事により、最終的に2階奥の展望ホールに辿り着く。そこから見える景色はまさに絶景。福岡市を俯瞰し、街に朝陽が差し込む姿、街が夕陽に赤く染まる様を毎日眺める事が出来る。外壁には杉板をヨロイ貼にて採用している。
今後周りの住宅の建替えが予想される、工業化された材料に包まれた住宅が建ち並ぶ中に、経年変化を楽しむ材料を使った家を置く事によって近隣の方が新たな家の作り方に気付き、今後の柔らかな町の風景をつくって行く気付きの一端になる事を期待している。 閉じる

フォルツァでは、これから情報収集を始める方から、具体的な検討を始めた方まで、家づくりに関する様々なご相談についてわかりやすくアドバイスいたしております。
Webサイトでは非公開の間取りや実例も自由に閲覧できますので、どうぞお気軽にお問い合わせください!

無料相談予約はこちら
お急ぎの方はお電話でどうぞ

新築一戸建て一覧へ戻る