FORZA(フォルツァ) 自分スタイルの家づくりステーション

メニュー

よくあるご質問

  1. HOME
  2. よくあるご質問

フォルツァについて

フォルツァでは設計や工事をしているのですか?
設計や工事はしません。
フォルツァスタッフは設計や工事の知識は持ちつつも、設計者たちとは一線を画したところにおり、中立公正な第三者機関であるという想いから、客観的に建て主さまの家づくりをサポートいたします。
フォルツァは建築家紹介業なのですか?
サポートの性質上紹介を行っておりますが、建て主さまが納得のいく家づくりができるように、一貫して第三者の立場からトータルでサポートしていますので、紹介のみは行っておりません。
建築家での家づくりを考えていますが、施工は知り合いの工務店に頼んでもいいのですか?
可能です。
ただし、基本的な条件に関わってきますので、必ず事前にご相談ください。その場合、施工会社には「工事中の完成保証」・「施工会社による工事中の自主検査」を実行するため、実際の工事に入る前にフォルツァの登録施工会社制度へ加入いただくことになります。
どこまでのエリアをサポートしているのですか?
フォルツァでは直接お会いすることを大切に思っております。いろいろなご相談に迅速に対応するにあたり、弊社が十分に管理を行う事の出来る地域を‘サポートエリア’とし、基本的に片道3時間未満の地域に限定させていただいております。
ご相談には応じますが、北は山口・南は熊本・大分くらいまででしょうか。
北九州近郊にお住まいの方は北九州オフィスへご相談ください。
サポートの申し込み方法はどのようになりますか?
はじめのご相談のときにサポートの流れをご説明いたします。
十分ご理解いただいたうえで、サポート業務委託契約を交わしていただきます。

サポート内容について

施工会社(工務店)は紹介してもらえるのですか?
はい。フォルツァの登録条件を満たした施工会社情報を建て主さまへ提供します。
建築家と相談しながら、1~3社以上の候補施工会社の中から実際に工事を依頼する施工会社を決定します。
紹介してもらう設計事務所(建築家)や施工会社は信頼できるところですか?
もちろんです。フォルツァの理念を理解している建築家や施工会社を紹介させていただいております。
特に登録施工会社については技術・経営内容はもとより、実際に施工会社の社長と面接し、家づくりの考え方についてお互い理解した上で登録をしています。
施工会社はアフターメンテナンスの対応が良く、建て主の評判が良いところを紹介しています。
土地探しもサポートしてもらえるのですか?
はい。
フォルツァでは「土地がない、予算もない、だけど“自分らしい家”をつくりたい」と考えている方を「救う」、さらに、変形していたり、斜面などでなかなか利用できない難ありの土地の所有者を「救う」という2つの意味を持った「SCOO HOUSE(スクウハウス)」プロジェクトを展開しています。
資金計画はアドバイスしてもらえるのですか?
はい。
まずは全体の予算をフォルツァで把握し、家づくりを進めるにあたって、何が含まれているのか、何が足りないのかなどを確認しながら、一緒に資金計画を立てていきます。
また必要であればライフプランや税金のことなどについて、当社と協力関係にあるファイナンシャルプランナー、税理士などのアドバイスを受けることも可能です。
リフォームやリノベーションでもサポートを利用できますか?
はい。建築家はもとより、優秀なインテリアデザイナーやインテリアコーディネーターもご紹介しております。
個人医院や店舗の計画でもサポートを利用できますか?
はい、できます。
どの建築家が医院店舗の設計実績があるかも把握していますので、最適な建築家選びがお手伝いできます。
家づくりに関する書類や契約書類の見方、注意点などもサポートしてもらえますか?
はい。内容を分かりやすくご説明いたします。
フォルツァでは、建築家との「設計監理委託契約書」および施工会社との「工事請負契約書」については、建て主さまに不利益にならないよう、大切な項目をきちんと明文化しています。
これらの契約書については必ず事前にスタッフ同席で説明・確認の時間を設け、契約内容や注意すべきポイント、必要に応じた特記事項の追記をおこなったうえで、実際の契約締結をします。
また、契約についてさらに詳しいアドバイスを必要とされる場合は、当社と協力関係にある弁護士に相談することも可能です。

料金について

サポート料金はどのくらいかかるのですか?
はじめてのご相談は無料です。
フォルツァとのサポート契約締結後にお支払いいただくサポート業務委託料は、300,000円(税別)です。
ただし、工事費および設計監理費の合計が40,000,000円(税込)を超える場合は、30,000,000円を超える額の1%が加算されます。
その他、オプション料金は別途となります。詳しくはスタッフまでお問い合わせください。
フォルツァと契約後はどのタイミングで支払いが発生するのですか?
契約締結時に100,000円、建築家決定時に200,000円をお支払いいただきます。
(工事費および設計監理費の合計が40,000,000円(税込)を超える場合は残金を工事請負契約時にお支払いいただきます。)
建築家への設計料や施工会社への工事代金の支払いはどうなりますか?
設計料は建築家や工事予算によって異なりますが、工事予算の10~15%が一般的な目安です。
設計料については、事前に建築家からヒアリングしていますが、建て主さまと建築家との面談で、あらためて計画に対する設計料を確認します。
また、工事代金の支払いについては一般的に、契約時に10%、上棟時に30%、木工事終了時に30%、完了・引渡し時に30%といわれています。
施工会社との話し合いによって支払い時期・金額などを決めることになります。
フォルツァでは、設計料の支払い、工事会社への支払いについては、建て主さまの不利にならない様に取決めており、当社仕様の契約書をご用意しております。
途中で家づくりを中止したい時は違約金などがありますか?
ございません。
ただし、何らかの事情によりフォルツァとの契約を解除する場合は、業務の進捗度、契約の内容に応じて委託料の清算を行わせていただきます。
もしもご不安な点や状況の変化などがあった際は、早めにスタッフへご相談ください。早めの対策をたてることで、キャンセルといった事態を回避できる可能性が高くなり、万一キャンセルに至る場合でも、最善の方法で処理することができます。

建築家選び、建築家コンペについて

建築家はどうやって選ぶのですか?
スタッフとのカウンセリングを通して、登録建築家の中から候補者を絞り込んでいきます。
まずは建て主さまの家づくりの希望条件をもとに1人1人の登録建築家のデータと照らし合わせながら、ご家族で相談して会ってみたい建築家を絞り込んでください。
「面談コース」を選ばれた場合は、ご希望の候補建築家と面談することにより1人の建築家を決定します。
また、「コンペコース」をご希望される場合は、絞り込んだ建築家の中からスタッフとともに3~4名の候補建築家を決め、コンペを開催した後、1人の建築家を決定することになります。
サポート利用にあたって建築家コンペは必須なのですか?
必須ではありません。
ちなみに、当社に依頼される約7割のお客さまが建築家コンペを利用されております。
コンペ提案してくれる建築家は何名まで選ぶことができるのですか?
原則は3名です。建て主さまのご希望により1回のコンペにつき4名の場合もあります。
ただし、コンペに参加する建築家へ謝礼(1人につき10,000円)の支払いをお願いしております。
建築家からのコンペ提案内容がしっくりこない時はどうすればよいのですか?
お断りすることは可能です。建て主さまの納得される建築家が見つかるまでコンペをおこなうことができます。
しかし、なるべくそうならないよう、家づくり計画書をまとめる段階の希望条件の整理や候補建築家の選定、面談といった時間を大切にしています。
もし、満足できる気に入ったプランが見つからなくても、その後の設計打合せの時間で、納得のいくプランへ修正することは可能です。
コンペで大切なことは、「契約をした後の設計の打合せを通して、より良いものを一緒に作り上げていける建築家は誰か?」ということを見定めることです。
複数の建築家から提案されたそれぞれ異なったプランを見て、その中で自分たちの家づくりの方向性と、依頼建築家を見つけることが一番の目的なのです。
建築家への断りは誰がするのですか?
フォルツァが建て主さまに代わって行います。
何事もお断りするというのは、気が重いものです。しかしフォルツァが建て主さまと建築家の間に立つことにより、そのストレスを小さくすることができます。
建築家とハウスメーカーと工務店を混ぜてコンペを行うことは可能ですか?
原則としてできません。
建築家、工務店、ハウスメーカーそれぞれの家づくりは大きく異なります。どこに判断基準をおいて依頼先決定を行うのか、不明瞭な状態でコンペを進めることは、あまり有益なことではありません。
依頼先を混ぜてコンペをしたい理由をスタッフとともに整理していきましょう。建て主さまに一番適した方法を見つけることができると思います。

リノベーションについて

リフォームとリノベーションの違いは何ですか?
「リフォーム/Reforme」は元々「改正する、作り直す」という意味の英語ですが、改装・改修工事の意味として使っているのは日本だけです(和製英語)。一方「リノベーション/Renovation」は「刷新、すでにあるものをプラスの方向へ向かわせる」という意味で、アメリカでは工事規模の大小に関係なく、改装・改修工事を指す言葉として一般的に使われています。
このような曖昧な背景がありますが、一般的に言われていることは下記のような意味になります。

「リフォーム」・・・
修繕・取替え・模様替えなどを行い、経年変化で下がった建物の価値を、新築時まで戻そうとする工事
→ 例)壁紙の張替え、キッチン・お風呂の取替え、一部の間取り変更など。

「リノベーション」・・・
時代の変化、住む人の変化に合わせ、新築時の機能・性能以上に向上させること
→ 例)構造・設備の状況を確認・判断し、住まい手、時代に合わせスケルトンから作り上げる。
ローンは借りられますか?
ローンにはリフォームローンと住宅ローンがあります。リフォームローンは借入額の上限(一般的に1000万円)や返済年数の上限(一般的には15年)があり、金利も住宅ローンよりは高いですが、抵当権無しで申し込みでき、手続きが簡単というメリットがあります。住宅ローンは、中古物件購入費と工事費の両方に充当できるタイプがありますが、建物の建築年齢によって返済期間が異なります。また、一定の条件が揃えば(抵当権設定可能など)最長35年のローンを組むこともできます。ローン商品、申込者、建物、工事内容など、各々の条件によって異なりますので、ローン計画は早めに比較、検討しておくことが重要です。
リノベーション用に中古物件を購入するときの注意点は何ですか?
マンション、戸建てによりチェックポイントは大きく異なります。
マンションの場合ですと、建物の構造体・耐震性能などの構造面、配管・電気などの設備面。それに建物の管理状況、修繕履歴、修繕計画がどのようになっているかなどが重要です。戸建ての場合は、屋根、外壁の防水・劣化状態、断熱、シロアリ、床下の換気、柱と耐力壁のバランス、施工精度など、より専門的な確認と判断が必要です。
どちらの場合も建築家や施工業者と一緒に現地調査に行き、メリット、デメリット両方を説明してもらい、購入判断をされてください。
リノベーションの工期はどのくらいですか?
工事の規模により異なりますが、スケルトンからの工事で二ヶ月程度の場合が多いようです。
リノベーションの工事費はどのくらいかかりますか?
戸建ての場合は、工事規模がさまざまなので一概には言えませんが、マンションの場合ですと平米当り10万(専有面積80平米の3LDK程度で800万)が一応の目安です。

工事、アフターフォローについて

土地測量・地盤調査などはしてもらえるのですか?
はい。
家づくり全体の計画を立てるにあたって、土地の状況を把握することは大切なことです。
建て主さまの敷地に関してフォルツァが調査を必要と判断した場合には、現況敷地測量、地盤および法規に関する調査を専門調査会社に依頼いたします。
もし、施工会社が倒産したらどうなるのですか?
工事期間中に倒産した場合、他の当社登録業者を紹介し工事を継続します。それまでの支払いについては出来高払いとします。
また、住宅完成保証制度を利用する場合もあります。
また、建物完成後に倒産した場合、1年点検・2年点検及び軽微な手直しについては、他の登録業者にて対応します。もし、建物に大規模な瑕疵が見つかった場合、住宅瑕疵担保責任保険を利用し対応します。
過去、工事完了後に倒産した会社がありましたが、他の登録業者にて速やかに対応いたしました。これはフォルツァ利用のメリットの一つでもあります。
フォルツァのサポートを利用すれば欠陥住宅を防げますか?
もちろんです。
フォルツァは“建て主さまが満足できる家づくり”、“中立公正な第三者機関”を理念としています。
万一問題が起こった場合でも、多くの信頼できる建築家、施工会社とパートナーシップを築いており、速やかなフォローが可能ですのでご安心ください。
施工後のアフターフォローはどうなっていますか?
フォルツァでは施工会社に対して、建物完成後の1年点検・2年点検を義務付けております。
また、万一の不具合への対応もしっかりできる施工会社を選定しております。
地震保険や火災保険などの相談にも対応してもらえるのですか?
はい。フォルツァと協力関係にある保険代理店が、火災保険・地震保険などの取り扱いを行っております。
工務店が工事中にかけていた火災保険から空白の日がないように加入することをお勧めします。