MOVIE

相談予約

新築一戸建て

  1. サポート実例
  2. 新築一戸建て
  3. セキュリティとプライバシーを考慮した都市型立体コートハウス

セキュリティとプライバシーを考慮した都市型立体コートハウス

佐賀県

構造規模
木造在来工法
用途
専用住宅
敷地面積
221.52㎡(67.01坪)
建築面積
83.77㎡(25.34坪)
延床面積
162.88㎡(49.27坪)
建築家・設計監理
大石和彦
Photograph
Techni Staff
建築家コメント
隣家越しに見える城の壕沿いの桜並木を屋上より眺めるために、ロフトを含めた2.5層の高さの直方体の箱を作り、セキュリティとプライバシーを考慮してその中に2つの中庭、デッキ、サービスバルコニーを立体的に配置した。2階のLDK+AVコーナーはワンルームになっており、1.5層の高さの中に3枚の高低差のあるプレートが浮遊し、様々な光の場を作っている。 閉じる

フォルツァでは、これから情報収集を始める方から、具体的な検討を始めた方まで、家づくりに関する様々なご相談についてわかりやすくアドバイスいたしております。
Webサイトでは非公開の間取りや実例も自由に閲覧できますので、どうぞお気軽にお問い合わせください!

無料相談予約はこちら
お急ぎの方はお電話でどうぞ

新築一戸建て一覧へ戻る