MOVIE

相談予約

新築一戸建て

  1. サポート実例
  2. 新築一戸建て
  3. 土間を主体とした家

土間を主体とした家

福岡県

構造規模
木造在来工法
用途
専用住宅
敷地面積
328.89㎡(99.49坪)
建築面積
102.68㎡(31.06坪)
延床面積
118.12㎡(35.73坪)
建築家・設計監理
高田宏明
建築家コメント
「土間」を主体とした和のテイストをもったデザインを提案している。
ポーチ、路地空間、玄関からキッチン、ダイニングへと続く空間は「土間」、一段上がったリビングルームは「板張り」とし、「土間」から続く「蔵」のような雰囲気をつくりだそうとしている。
浴室は敷地に隣接する雑木林に向かって開かれており、露天風呂感覚の入浴が可能である。 閉じる

フォルツァでは、これから情報収集を始める方から、具体的な検討を始めた方まで、家づくりに関する様々なご相談についてわかりやすくアドバイスいたしております。
Webサイトでは非公開の間取りや実例も自由に閲覧できますので、どうぞお気軽にお問い合わせください!

無料相談予約はこちら
お急ぎの方はお電話でどうぞ

新築一戸建て一覧へ戻る