MOVIE

相談予約

新築一戸建て

  1. サポート実例
  2. 新築一戸建て
  3. 森の中の開放的な家

森の中の開放的な家

福岡県飯塚市

構造規模
木造
用途
専用住宅
敷地面積
613.87㎡(185.7坪)
建築面積
114.85㎡(34.74坪)
延床面積
86.05㎡(26.03坪)
建築家・設計監理
松本匡弘建築設計事務所
Photograph
Nobuaki Nakagawa
建築家コメント
敷地は福岡市と北九州市の中間地点にあり、かつては炭坑の町といわれた飯塚市にある。もとは農地であったが、クライアントが地主から土地を購入し、農地転換をして宅地とした場所である。緑にかこまれた三角形の敷地周辺には農業用のため池があり、水をもとめた野鳥が生息していて、いろいろな鳥のさえずりが耳に飛び込んでくる。

クライアントの要望は、緑と風と光の中で気持ちよく生活できる住宅にすることであった。敷地の接道距離が約32mあることから、道路からの敷地内のプライバシー保護と防犯、方位による光環境を考慮して東西方向に細長い計画とした。それに伴い、緑と光あふれる南側にはLDKとテラスを配置することで、建物の南側全部を緑のある自然と融合させることとした。

春から秋の季節は、LDKの引戸を開放することで、テラスとLDKを機能的に融合させて、より広く、開放的な生活エリアになる計画とした。同時に外部空間であるテラスにすることによって、内部空間の面積を最小限にしてコスト削減を目指し、かつ、季節によっては内部住空間となるテラスは、コストバランスと機能を兼ね備えた効果的なエリアとなった。安心できて、開放的な、緑の中にある、気持ちの良い住宅にしたいと考えた。 閉じる

フォルツァでは、これから情報収集を始める方から、具体的な検討を始めた方まで、家づくりに関する様々なご相談についてわかりやすくアドバイスいたしております。
Webサイトでは非公開の間取りや実例も自由に閲覧できますので、どうぞお気軽にお問い合わせください!

無料相談予約はこちら
お急ぎの方はお電話でどうぞ

新築一戸建て一覧へ戻る