MOVIE

相談予約

新築一戸建て

  1. サポート実例
  2. 新築一戸建て
  3. 天道の家

天道の家

福岡県飯塚市

構造規模
木造2階建(在来工法)
敷地面積
98.70㎡(29.8坪)
建築面積
60.39㎡(18.2坪)
延床面積
115.77㎡(35.0坪)
建築家・設計監理
h2 Architect
企画・
コーディネート
FORZA

Photograph
harigane yousuke
FORZAコメント
お施主様が、高齢のお父様とお母様のために建てられた店舗付きの住宅です。
この場所で長年、品質の良い日本茶を商い、地域に愛され、人生を歩んでこられたご両親に安心して暮らしてほしいというお施主様の優しさと敬愛の心が込められています。
建築家選びでは、コンペ方式で3名の中から、h2 Architectの蓮子さんを選ばれたお施主様。のちに「自分も住みたいと思うものしか設計しません。」と語った蓮子さんの言葉がとても印象的だったそうです。

建物は、限られた敷地の中で店舗と住宅が一体となったプランになっています。お施主様とご両親から出された様々な要望を反映しながら、それでも狭さや暗さを感じないように随所に設計の工夫が凝らされています。

ところでこの住宅の形、人が歩んでいるようにも見えませんか? 詳しくは上の設計者コメントにありますが、設計者が感じた“場所”のイメージが、こんな風に建物の“形”に表現されるなんて、画一的ではない、建築家との家づくりならではの面白さだなと思います。
“親に家を建ててあげた”という以上の、かかわった人が皆、住む人のことを心底考えて完成したこの「天道の家」。お店もこれまでと同じように地域の寄り合い処として大切にされていくことでしょう。これからもいつまでも、どうぞお元気で! 閉じる
建築家コメント
この住宅はお父さんとお母さんへ娘さんが建てた親孝行の家です。
たくさんの思いが込められています。

木造2階建て+屋上ペントハウス付きの住宅です。
築60年の古い家を解体して建て替えを行いました。

この場所は古い歴史のある長崎街道(シュガーロード)に面しその後、炭鉱でも栄えた町でもあります。
人の歩く姿や道(過去・未来)へ親世代から子世代へ孫世代へ継承して行くイメージを建物の形に表現しています。

平面的にも立面的にも壁を傾けることにより隙間から見えたり見えなかったり視覚的な効果をねらった空間構成としています。
建物の中央に設けてあるプライベートな吹抜の中庭は、この住宅にゆとりと自然を与えてくれる重要な装置となっています。
いつまでもお父さんとお母さんが元気で暮らす事を強く願います。 閉じる

フォルツァでは、これから情報収集を始める方から、具体的な検討を始めた方まで、家づくりに関する様々なご相談についてわかりやすくアドバイスいたしております。
Webサイトでは非公開の間取りや実例も自由に閲覧できますので、どうぞお気軽にお問い合わせください!

無料相談予約はこちら
お急ぎの方はお電話でどうぞ

新築一戸建て一覧へ戻る