フォルツァが考える『良い工務店』

  1. フォルツァが考える『良い工務店』

“良い”工務店とは
「建て主にとって、家は一生に一度と言っていいくらいの大きな買い物である」という認識を持っていること。
また、その建て主の「幸せを預かっている」という自覚があること。

フォルツァにおける工務店の登録基準

「プロフェッショナルであるという自覚を持っているか?」

トップページへ戻る