MOVIE

相談予約

新築一戸建て

  1. サポート実例
  2. 新築一戸建て
  3. 段床の家

段床の家

福岡市

家族構成
夫婦+子供2人
構造規模
木造2階建て
用途
専用住宅
敷地面積
91.62㎡(27.71坪)
延床面積
110.94㎡(33.55坪)
建築家・設計監理
平野公平建築設計事務所
Photograph
Techni Staff
FORZAコメント
家が完成してちょうど一年が経った頃にインタビューに伺いました。“暮らしのオタク”ことO様の奥様は、とても片付けや整理整頓が得意な方で、家の中にはいわゆる箱型の置き家具はひとつもありません。敷地は約28坪で、数字だけ見るとコンパクトな住宅なのですが、余計なモノがないおかげで一室空間の2階LDKはすっきりとして、広く感じます。

土地探しから家づくりを始められたO様ご夫婦。希望にあう土地との出会いはご縁です。大きめの土地が見つかったときは分割して予算に合う金額で購入できるよう、不動産のサポートもさせていただきました。

建築家コンペで選ばれた平野公平建築設計事務所の平野さんといっしょに、空間のデザインや小物の収納に至るまでとことん対話を重ねながらプランを作っていったそうで、今の住まいは大満足ですと語ってくださった奥様の笑顔が印象的でした。

また今回は設計者だけでなく、優秀な職人さん方にも腕を振るっていただいて、建具やその取っ手、階段の手すりなど細部まで技巧が凝らされています。語りどころが色々あるのもこのお家のいいところですね。
それにしても、福岡市の中心部でこんなに気持ちいい空間が自分のものになるなんて、田舎暮らしの私には羨ましい限りです! 閉じる
建築家コメント
敷地は街中の住宅地にあり、南側はマンションが立ち並ぶものの、北側には小学校の校庭があり、眺望には恵まれていました。敷地面積は28坪と小さく、広がりをどのように確保するかが1つの課題でした。

小さい敷地を有効活用するためにシンプルな構成とし、1階に水廻り、寝室、収納を集約し、2階に大きなワンルームの空間を提案しました。
2階はスキップフロアになっており、ワンルームながらも段により適度に区切られています。南側のリビングには奥行のあるテラスを設け、1.8mの高さの手すり壁で適度なプライバシーを確保しています。北側の子供室は、まだ小さいお子さんの成長に合わせて、後々個室として使えるように大きな引き戸で仕切っています。その上部は大きな欄間になっており、子供室を仕切った状態でも北側の眺望をのぞむことができます。

こうした外部とつながりを通して広がりを確保するとともに、段により区切られた各スペースはそれぞれ特徴のあるスペースになっており、家族みんなで過ごしたり、各々過ごしたりと1つの空間の中で様々な過ごし方を許容できます。
段床が家族の暮らし方や外部環境といった様々な変化を受け止める土台のようなものになればと思っています。 閉じる
お客様の声
今の家を建てる土地が見つかったとき、私達にはすこし大きかったのでFORZAさんに動いていただいて、分割して購入することができました。また、住んでいたマンションを手放して売却する時も手伝っていただいて、とても助かりました。
【インタビュー全文はこちらから】 閉じる

フォルツァでは、これから情報収集を始める方から、具体的な検討を始めた方まで、家づくりに関する様々なご相談についてわかりやすくアドバイスいたしております。
Webサイトでは非公開の間取りや実例も自由に閲覧できますので、どうぞお気軽にお問い合わせください!

無料相談予約はこちら
お急ぎの方はお電話でどうぞ

新築一戸建て一覧へ戻る