MOVIE

相談予約

家づくりサポートブログ

  1. 家づくりサポートブログ
  2. 福岡市東区-A-House
  3. A邸 梅雨の合間の上棟式

A邸 梅雨の合間の上棟式

2015.07.09

福岡市東区-A-House

地鎮祭から約2か月。 東区で進行中のA様邸が上棟を迎えました。

梅雨の時期に上棟を迎える工程でしたので天気が心配でしたが、

その日の午前は晴天となり、無事予定通り棟上を行うことが出来ました。

 

 

二階部分の柱を立てているところ。

二階部分の柱を立てているところ。

 

こんなにいい天気なのに、これから雨降りとの予報・・・。

 

現場に伺うと、晴れているあいだに建物の内部を濡らさないようにと、

棟梁と大工さん方がてきぱきと作業していました。

スピーディー!ですが、皆さん汗がすごい!お疲れ様です。

 

クレーン車のほうへ指示をして、木材を上げています。

クレーン車のほうへ指示をして、木材を上げています。

 

二世帯住宅となる、A様邸。正面から見るとかなりボリュームがあります。

 

 

この日は平日で、ご主人が仕事で上棟に立ち会えなかったため、

大工さん方にお昼をふるまわれるスタイルで、上棟のお祝いとなりました。

お弁当と飲み物、それに手土産とご祝儀をお施主様にご用意していただきました。

 

二階部分が少しずつ出来てきました!

二階部分が少しずつ出来てきました!

 

 

さて、その後、現場では奥様と、設計の松野尾さん、施工会社さんとで

外壁材の打ち合わせをされていましたよ。

木材は米松(レッドシダー)。塗装を少しかけ色味を加えたものをずらーっと貼るようです。

 

見本は必ず現場でチェック!

見本は必ず現場でチェック!

 

 

聞けば、外壁の木の下にはサイディング材を貼るとのこと。二重の外壁のような感じ・・・?

これは近隣で火災が起きた際、隣家からの延焼を防ぐ目的で、

定められた範囲には燃えにくい素材を使いなさいよ、という建築基準法の決まりに合わせたもの。

外壁全体に木を使いたいといった場合には、

防火構造のサイディング材を施工した上に、木を表面材として貼るということをやるそうです。

(尚、上記はA様邸の例なので、計画ごとに確認が必須です)

 

お施主様側の要望を叶えるため、こういうときにプロのアイデアが必要になります。

 

設計:CAMELC一級建築士事務所 松野尾仁美さん

施工:今村工務店

サポート:フォルツァ株式会社

 

記事を探す