相談予約

家づくりサポートブログ

  1. 家づくりサポートブログ
  2. 家づくりサポート
  3. 福岡市早良区-HOUSE N
  4. 【もう離れられない!】自宅に"最高のワークスペース"を作るコツ♪

【もう離れられない!】自宅に”最高のワークスペース”を作るコツ♪

2021.07.08

福岡市早良区-HOUSE N

飯塚市-おとてっぽうの家

嘉麻市-山野の家・築90年の古民家再生

「ウィズ・コロナ」の新時代。

繰り返される緊急事態宣言下、在宅勤務も常態化し

『家づくりはまだもう少し先で良いんだけど、とりあえずは家の中の仕事環境を早急に整えたい!』

と考える方も、随分といらっしゃるのではないでしょうか。

 

★家では、なかなか思うように仕事が捗らない!

★快適なプライベート空間で、自分らしく働きたい!

 

今回はそんな方のために、フォルツァでサポートしたお施主さまの

素敵な【ワークスペース】をちょっぴりお届け!

間取りやインテリアはもちろん、ワークスペースには絶対に欠かせないポイントなどなど、

参考にしてほしいアイディアが目白押しです♪

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

case1:古民家×サーフ!ほんのりビターな大人の作業空間

第7回・古民家再築大賞にて優秀賞を受賞した、嘉麻市のS様邸。

古民家好きの奥様と、サーフィンが好きな旦那様の感性を

ヴィンテージ古材やインダストリアルな素材を使用することで融合させた技術は、まさに『お見事!』

2017年2月、豊かな自然の中で素敵な住まいが実現しました→(実例はこちら!)

 

そんなS様邸の、ワークスペースがこちら。

壁の色は深い寒色でトーンを抑え、オフィスらしい落ち着き感を演出。

対して、ヴィンテージの古材やカジュアルな集成材にはパリッとした主張を持たせ

さらには 庭に面した「離れ」的な間取りを計画することで、

『大人の隠れ家ガレージ』のようなワクワク空間へと仕上がりました。

作業中の視界に余計な物が入らないよう、窓の位置にも工夫を。

背後は壁にして、家族の気配も気にならずに集中できる環境が整えられました。

 

【ここにも注目!ポイント①】

作業机に明るい素材を使って際立たせる事で、

ちょっとした休憩から戻った際にも自然とテーブルに目がいき、

スムーズに作業を再開させることができますね♪

 

 

設計士さんとお施主様、双方のセンスがピカリと光る、とてもお洒落なワークスペース。

参考にして欲しいアイディアがギュッと詰まった一例です!

 

設計監理:トウグチヤスコアトリエ一級建築士事務所

施工:株式会社オンリーワン工房

サポート:フォルツァ

Photograph:Toshihisa Ishii

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

case2:ス○バ風?!凛とした空気に背筋もピシャリ

大きく抜けた空間上部からの採光が気持ち良い、福岡市早良区のN様邸。

思わず『これ、住宅なの?!』と言いたくなるほど贅沢な空間設計で、

フォルツァでも根強い人気を誇る一例です♪(→実例はこちら♪)

 

『家の中でも、外からの風や光を自然に感じられる住まいにしたい!』

そんなN様の願いは、ワークスペースにもバッチリ反映されていますよ♪

 

土間と塗り壁と木と。

シンプルなんだけど、永遠に眺めていられるほど心地よい組み合わせ…

サイドをすっきりとガラス張りにしたのは、『スタ○風にしたい!』という旦那様のこだわりから♪

囲い込まず、あえて外から見えるように作る(面しているのは庭ですが…♪)事で

程よい緊張感が自然に生まれ、「ピシャッ」と背筋が伸びます。

(人様から見られないところでダラけてしまう私には、その気持ちがよ~く分かるのです…(泣笑))

 

収納はがっつりと作り込まずに、必要なものを必要な時に持ってくるスタイル。

机の上が自然に片付くので、毎日の仕事も気分良くこなせそうですね♪

 

【ここにも注目!ポイント②】

ダウンライトの位置や明るさにも、一工夫を!

必要な明るさが、必要な場所に当たっているか?

PCの画面に光源(=電球など、自ら光を発するものの事。)が映り込まないか?

机からの反射光は目に眩しくないか?…etc

少し挙げただけでも、考える事がこんなにあります…!

 

目を酷使するデスク作業。

こうした細かい部分への配慮が、後々とっても活きてくるのです♪

 

設計監理:平野公平建築設計事務所

施工:株式会社久木原工務店

サポート:フォルツァ

Photograph:harigane yousuke

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【番外編】

『ワークスペースの事ばかり考えすぎて、何だか疲れてきた…』というそこのあなたに!

こんな、【おこもりスペース】はいかがでしょうか♪

 

たった1畳ほどのスペースですが、普段は開放しておいてちょっとしたベンチ代わりに。

『プライベートが欲しい!』という時には、締め切って貴方だけのくつろぎスペースに。

引き戸は廊下のみに面するよう気遣って、他の生活音も遠くに、遠くに。

読書にオンライン会議、ごろりと寝転んでNetflixを見るのも良いかも。

 

狭い空間だからこそ、自分一人の環境に集中して心を休めることが出来ますね♪

 

『おとてっぽうの家』(→実例はこちらから♪)

設計監理:エムオーアーキテクト設計事務所

施工:千葉工務店

サポート:フォルツァ

Photograph:Toshihisa Ishii

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いかがでしたか?

まだまだ続く、ステイホーム。

気が重くなることも沢山ありますが…せっかくならば、これを機にとことん「自分らしく」!

 

皆さまが快適・快調!なビジネスライフを送れますよう、フォルツァは密かに応援して参ります♪

(好評だったら、第2段も書こうかな…♪)

 

 

 

【何気にinstagramもポチポチやっています★】

良かったら気軽にフォローしてくださいね♪DMも大歓迎です!

フォルツァの日常→@kurashino_forza

フォルツァの実例→@forza_kyushu

 

 

記事を探す